Creationページに演奏動画をUPしました! Go to play
「愁灯」 「火まつり」 「曲芸団が行く」 「魂の川」 「鹿鳴館の花火」
2021年チャリティ演奏会より、新たに追加しました!ぜひご覧下さい!
平和でさえあれば、たとえ少しずつでも前に進むことができます! 
訳もわからず緊急事態宣言が出され、どの情報が正しいのか判断することもできず、ただただ恐れていた時期から、with コロナという時代に変わりつつあります。その間、さまざまな日常が日常ではなくなり、当たり前だったことが当たり前ではなくなり、あれもダメこれもダメと、二度と戻ってこない時間をどれだけ失ったことでしょう。それでも、我慢しながら少しずつでも前に進んでこれたのは、いつかまた元のように戻れる日が来ると信じていたから、あるいは信じたかったからかもしれせん。
コロナ禍になって3年目に入り、残念ながらいまだにコロナが無くなった訳ではありませんが、来ると信じていた日が少しずつ実現しつつあります。
4月には3年ぶりに開催されたイベントに出演することができましたし、今後も少しずつですが出演のお話を頂けるようになってきました。年間で30本前後の出演をしていたコロナ前と比べれば、本当にわずかかもしれません。しかし、お客さんの前で演奏ができるということが、こんなにも楽しく嬉しいものだと改めて感じることができました。思えば、独立した当初は出演の話はまるで無く、お世話になっていた方がご家族がお勤めの老人施設での演奏の機会を作ってくださったのが始まりでした。そう考えれば、もう一度初心に戻って一歩一歩前進していけば、いつかはまたコロナ前のように、たくさんの場所でたくさんのお客さんの前で演奏できる日が来ると、今は強く信じられるようになりました。
平和でさえあれば、生きてさえいれば、きっとまた願いは叶う。
だからこそ、世界が平和であることを強く願わずにはいられません。
戦って得られるものは、いったい何でしょう。

(※写真の「平」は平胴太鼓のカバーの文字ですが、
平和の「平」であって欲しいものです。2019年ドイツの消防署にて)
「愛」の反対語は「無関心でいること」とマザー・テレサ。
身近であろうがなかろうが、同じ人間としてそうありたいものです。
和太鼓教室 「打込塾」 参加者募集中!
「バチは持ったら動かない!」「太鼓は打ったら響かない!」
そんな和太鼓の奥深さを体験してみませんか? 

和太鼓を打つのに力は必要ありません。全身を使ってきちんとした形で打てば、綺麗な音が響きます。
そのためには何よりも基本が大切です。
打込塾では和太鼓の基礎を身に付けるため、徹底的に基本練習を繰り返します。
バチを自分で動かそうとしたら動かなくなります。音を出そうと力を入れたら音は濁ります。
未経験者も上級者も、雑念を捨ててただひたすら太鼓を打ち続ける! 
興味のある方は、ぜひ体験してみてください!


詳細は「Information」ページをご覧ください。
うてな コラム
座右の
メェ言
<今後の活動予定>

5月21日 ホライゾンジャパン国際文化祭 11:45〜
5月22日 ヴェルニー公園 音楽祭 11:00〜15:00 (横須賀市)
9月10日 チャリティ演奏会2022  時間未定 すくらむ21ホール (川崎市高津区)
9月14日 2022高齢者集会  13:00〜
10月1日〜11日 ドイツ公演  



Topics
本文へジャンプ